FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

原因

同時に腰に も負担がかなりかかるので要注意です。肥満というのは正 常な状態に比べて体重が重い、あるいは体脂肪が過剰に蓄積した状態をいいま す。すると心臓は今までより遠くへ血液を運ばなけ ればならなくなり、心臓に負担がかかります。肥満体型の人は、国内でも多くなっていま す。肥満体型で体のサイズが増 えると、毛細血管も長くなります。

肥満になると、体には様々な悪影響があるといいます。肥満の場合は心臓病の脂肪率が 普通の人の1.5倍の割合で高くなるほど、心臓病という健康障害は深刻です。女性特有の症状が、肥満の影響で出ている可能 性もあります。もしもBMIを出した時に25以上になったなら、健康を阻害する恐れがあるた め、肥満症を治療することが必要になってきます。肥満の程度というのはBMIという数値である程度判断することができます。

卵巣機能の異常を引き起こし、結果として月経異常や不妊、子 宮ガンなどの要因となることがあるそうです。体重が重いほど負担 が大きくなるわけで、肥満になると膝を痛める可能性があります。肥満が原因で起こる健康障害は たくさんあるので要注意です。歩 く時は、膝には体重の2倍から3倍の重みがかかります。

生活習慣病と呼ばれる高血圧、高血糖、高脂 血症にもなりやすくなります。肥満が健康によくないと言われる理由は、 ここに原因の一つがあります。全身に脂肪がつくため気道も狭くなり、寝ている間 の呼吸が止まってしまうのです。肥満による健康障害の一つに、睡眠時 無呼吸症候群があります。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
月別アーカイブ
お役立ちサイト
links
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。