スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中国 不動産投資に関する耳寄りな話


Q先日、中国の売りオペが一時的に停止したということを知りました。質問は中国がまだこの売りオペを行っていて、いわゆる金融バブル崩壊の前の話です。‥中国は人民元安を維持するために自らが為替介入─すなわち人民元を売り、ドルを買うということをしていたと思います。そしてこの結果、市場に元があふれ、人々は株式購入や不動産投資へと走りました。分からないのはここなんです!このとき「売りオペ」を行っていましたよね?「売りオペ」は本来金融引き締め策(つまり市場に元があふれるときに行うもの)であり、市場から元を減らすときに行うと思うのですが、どうして「売りオペ」を行うことで逆に元が市場にあふれるのでしょうか?政府による為替介入が市場の元の流通増につながった経緯/原因などがよく分かりません。
A金融の緩和をし過ぎたからです。更に、公共事業を日本では考えられない狂った様な勢いで行った事も追い討ちを掛けました。日本が戦後60年も掛けて建設した道路全部と同じ莫大な量の公共工事を毎年やれば、金が市中に溢れて当然ですよ。しかも、その金は日本の様にコツコツト儲けた金ではなくて、単なる紙切れに元と印刷しただけのインチキな裏づけの無い紙幣ですから、安くなって当然なんです。むしろ、暴落しなかったのが不思議な位ですよ。経済が2桁成長をしていたから誤魔化せただけで、核武装した軍事超大国でなければ、大変な事に成っていたかも知れません。軍事力と言うのは、国家の最終的な信用力を担保するものなんです。ですから、大国は核武装しないと大きな国家を維持出来ないんです。日本は、圧倒的な強さで核武装無しの大国として例外中の大例外ですが、実は裏でアメリカの核兵器の力で核武装と同じ信用を得ているペテン師に過ぎません。この様な詐欺行為をして居るのに、頭の悪い左翼は日本が核武装していないなどと訳の解らない事を言っているだけなんです。話が少し逸れましたが、中国がアメリカに大量の洪水輸出を継続する事で決済時のドルが積み上がってしまいます。ドルを国内で元にして支払いをしても、ドルが消えるわけでは無く、国家の金庫に溜まり続けるんです。この、大量のドルを使って元を売り浴びせれば、元は永久に激安通貨のままですね。これが、中国の現実です。

中国に行って公務員になりたい!
が使えるなどかなりできます。また、日本の法律や税務、会計、不動産など日本でしたらかなりのビジネスノウハウを持っています。これらを中国で活かす道はあるでしょうか?公務員でなくとも良いので、まずは、中国に永住できるか、仕事を得るには

中国産
...中国で生産されたもの特に食品関係で使われることが多いか?(例:中国産野菜、中国産うなぎ)工業製品は『中国製』と表記され......食品では問題があり、中国産歯磨き粉にジエチレングリコール(有害)が含まれていて回収になったり、中国産うなぎから安全基準......検出されたり、中国で煮込んだ段ボール入り肉まんが現地販売されているのが発覚し話題となった(2007年)中国産の冷凍餃子を食...

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
月別アーカイブ
お役立ちサイト
links
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。